固定種とF1とは

昔から人々は野菜を育て、収穫して余った株は花を咲かせて種を採ったものでした。
そしてその種をまた次の年に播種して、育ててきました。
そのようにして、何年も収穫した種で野菜を育てていると、その地に馴染んだ種が出来てきます。もともと種には多様性があって、発芽した後の容姿や色、耐寒性や耐病害虫などさまざまな個性があるのですが、それがその地の環境により自然や人間により選別されて一定の性格を備え、安定した特性を持ったものを固定種と呼びます。

さて、異なる形質を持つ親をかけ合わせると、その第一代の子(F1=雑種第一代)は、両親の形質のうち、優性だけが現れ、劣性は陰に隠れます。そのため一代交配種野菜は、一見まったく同じ形にそろう特性があります。この振る舞いはメンデルの第一法則「優劣の法則」と呼ばれ、一世代だけ品質の良い種が出来る事が発見されました。そのため予想した時期に大量の品質の良い野菜を収穫したい農家と種屋にとって利害関係が一致した訳です。農家はその都度F1の種を購入する必要が発生します。

固定種は多様性があり、収穫時期もバラつきが多少あり、育成にはそれなりの手間が必要ですが、種取りにより、何代でも循環して安定して収穫できる可能性があります。しかしF1から出来た種は、あらゆる形質で劣性遺伝子が分離して顔を出すため、F1から自家採種したF2世代は、見るからにバラバラの野菜になってしまいます。

※野口種苗研究所(下記参考)より抜粋、一部加筆

■参考

野口種苗研究所   何代にも渡って受け継がれてきた種
野口種苗研究所   交配種(F1)野菜とは何だ?
POCKET MARCHE 消えかける「固定種」。その命を未来へつなぐ農家さんのお話。